クリエイティブ

八久保 貴嗣 2018年 入社

企業プロモーション映像の制作進行を担当

Q.仕事をしていて“やりがい”や“印象に残ったこと”はありますか?

僕の所属する部署はクライアントのことを深く知らなければなりません。

ときには“最先端技術”や“高度な企業ビジョン”を発信しているクライアントにも携わるので、まずはとことん勉強するところから始めます。

それが実を結んでクライアントと同じ視点を共有でき、結果として「クオリティの高い映像」が制作できたときにやりがいを感じます。

また撮影で普段なかなか行くことのできない場所に行けたり、有名なナレーターさんとお仕事させて頂いたり、印象深い経験ができることもこの仕事の醍醐味です。

Q.仕事をしていて“苦労したこと”や“失敗談”はありますか?

入社したての頃、映像制作に関わる人が多いことに戸惑いました。

プロデューサー、ディレクター、撮影スタッフ、CGデザイナー、音効さん、スタイリスト、ポスプロ、出演者と事務所、ロケ先の人たち…などなど数えるとキリがないのですが、どこが欠けても映像制作は成り立たなくなります。

連絡をしっかりすること、全体の進行状況を把握することを常に心掛けています。

Q.コスモ・スペース入社を目指す学生へのメッセージをお願いします。

色々なところで聞くかもしれませんが「就活の軸」は本当に大事です!!

内定獲得のため…だけではなく、初仕事のとき、仕事で大変なとき、何かひとつ貫ける気持ちを見つけてください!なければ作ってください!

僕の場合は「映像」です。

「映像」でなければならない理由を持ってください!

コスモ・スペースはプロデューサー、ディレクターと僕たち制作進行が同じグループ、空間で仕事をしており、風通しも良く和気あいあいと働いている会社です。

ぜひ一緒に楽しい仕事をしましょう!