放送技術

晝間 直斗 2014年 入社

日本テレビ局内の回線ブッキングを担当

Q.仕事をしていて“やりがい”や“印象に残ったこと”はありますか?

依頼者からの要望を希望通りに対応できた瞬間です。

私の担当している業務は、報道やスポーツ番組などで使用する「地方の事件・事故」「日本人が活躍する海外のスポーツ中継映像」などを専用の光回線「ネット回線」や、衛星通信を介した「SNG回線」、回線事業会社を介した「キャリア回線」などを使用依頼内容に合わせて受け渡しが行えるよう手配・調整をする「回線の交通整理をする業務」です。

ある番組で時間が差し迫っている依頼が出たときに、 日本テレビ内の各所と、並行して調整する必要が出てくるのですが、各所の希望に添えた対応ができたときの達成感は言葉で表せないやりがいを感じます。

印象に残ったことは私がCVセンターで勤務していた2014年に起きた御嶽山の噴火です。

入社して初めて直面した災害報道でもあったので、当時の緊張感と重圧感は今でも忘れられません。

先輩の素早い対応を目の当たりにして「先輩のようになりたい」と目標を定めたきっかけでもあり、印象深く残っています。

Q.仕事をする上で“大切にしていること”や“意識していること”はありますか?

「仕事の優先順位」をつけることです。

今やるべきことと後でやっても問題ないことを状況判断しながら優先順位をつけます。

それにより効率があがるのはもちろん、心に余裕を持てますので、作業のミスも発生しにくくなり、安定した仕事ができると考え、このことを意識しながら日々励んでいます。

最終的には様々な仕事をこなせる「ゼネラリスト」になることを目指しています。

ゼネラリストとは、スペシャリストの対義語に当たる言葉です。

専門性が求められるこの業界で、なにかあった際にすぐ対応できる人材が一人いると、会社はもちろん現場にとってもメリットになります。

そのためには色々な現場を経験し、また、知識を蓄えることを惜しまないよう努力しています。

Q.コスモ・スペース入社を目指す学生へのメッセージをお願いします。

放送局内のたくさんの職場でコスモ・スペース社員が活躍していることです。

これは他社ではなかなか経験することができません。

この業界の花形であるカメラマンや音声の技術スタッフを放送局に派遣しているだけではなく、オンエアを監視する職場や、地方局と映像の受け渡しをする職場など放送局の核となる職場にも多数の技術スタッフを派遣しています。

それが、妙妙たるコスモ・スペースの魅力です。

また仕事以外でも趣味の合うメンバーで釣りやフットサルを楽しんだりするなど和気あいあいとした会社です。

あなたと一緒に働くことを心から楽しみにしています。