BLOG

知っておきたい編集メシ4選


2020.11.07

  • 制作技術

  • 放送技術

  • クリエイティブ

  • メディアコンテンツ

  • 札幌支社

  • その他

知っておきたい編集メシ4選

2020.11.07

こんにちは。

メディアコンテンツグループの五十嵐です。

朝晩が冷え込み、いよいよ秋も深まってまいりました。

   

秋といえば・・・食欲の秋

  

「私のおすすめのロケ弁を紹介します!」と言いたかったのですが・・・

『ロケ弁グランプリ』なるイベントもあるぐらい

最近はロケ弁も広く知れ渡ってきているので

敢えて、より裏方に寄せた話題でブログを書かせていただこうと思います。

そこで今回は、テレビ業界に入る前に知っておきたい編集メシ4選をお教えします。

  

  

テロップ入れや各カットの色彩の補正(カラコレ)などを行うスタジオ編集。

番組制作をする上で、必要不可欠な工程です。

朝から晩まで何日も編集室にこもり

気力も体力もかなり消耗する作業。

  

そんな中でスタッフの唯一の楽しみは、編集室で食べる出前の食事。

それが編集メシ。

モチベーションにも直結し、番組のクオリティさえも

左右するとか、しないとか?

お店選びは非常に重要な任務です。

毎回、並々ならぬこだわりを持って臨みます。

  

  

では、早速いってみましょう。

業界人なら、その名を1度は必ず耳にしたことがあるはずです。

から揚げ弁当といえば、京香。

『京香特製から揚げ弁当』は不動の一番人気です。

「から揚げ超食べたい。でも糖質が気になる・・・」

安心してください。

白米をブロッコリーに変更することも可能なんです。

ただの最高ですね。

ヘルシーで美味しく、から揚げが食べられるなんて。

とにかくお腹が空いたら、ここでしょう。

  

ロケ弁としてもよく利用されるオーベルジーヌ。

深みのあるルー。しっとりしたライス。

グルメな芸能人の舌をも唸らせる絶品カレーです。

  

中でも『チキンカレー』が一番人気。

さらにホクホクのじゃがいもがついてきます。

バターを添えて。でも、まったく脂っこくない。

お米にも程よくバターが絡み、なんとも上品。

高級カレーの味を出前で味わえます。

いつ食べられるか分からないので、麺類は編集メシとしてはあまり好まれません。

しかし、亀一のうどんは違います。

伸びにくく冷めにくいという特性を持っていて

時間が経ってもコシのあるうどんが楽しめます。

「ちょっと疲れたな・・・あんまり食欲もない。」

そんなときでもツルっと食べられてしまいます。

そしてピークの時間帯でも配達が早い。

待ち時間が発生しないので、重宝されます。

圧倒的メニュー数のランチマーケット

通称「ランチマ」。

どんどんメニューの数が増えていき、今やメニュー数は100以上。

オムライスだけでも8種類もあります。

お昼時は電話が繋がらなくなるほどの人気店。

実際、私は43回ぐらい電話をかけたことがあります。

コンサートのチケット並みです。

「何が食べたいか決まらない・・・」

そんなときはランチマなら間違いなし。

  

  

編集室には様々なお店の宅配弁当のメニューが置いてあり

慣れるまでは、どれを選べば良いのか本当に迷ってしまいます。

私がADになりたての頃も、先輩ディレクターに「そろそろ何かメシ取って!」と言われ、何かってナニ?・・・とよく困っていたものです。

迷ったときには、まずはこの4つの出前メニューを、サッと先輩に見せてみましょう。

きっとうまくいきますよ。

 

編集メシは分かった。ところで、あなたはどういうお仕事をされているのですか?

・・・と思われたかもしれません。

私はアシスタントプロデューサー(AP)という役職で、テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』などを担当しています。

  

よく、「APって何?どういう仕事してるの?」と聞かれます。

巷での知名度はわりと低めなのですが、実は結構色々とやっていたりもするので、それはまたいつかお会いしたときにでもお話します。

一緒に楽しい番組を作り、美味しい編集メシを食べましょう。

  

制作技術本部 メディアコンテンツグループ

五十嵐 愛実

     

©2020 COSMO SPACE Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

IMAGICA GROUP LOGO