放送番組の企画制作、映像技術者派遣のコスモ・スペース

お知らせ - 放送番組の企画制作、放送局への技術者派遣のコスモ・スペース

年頭のご挨拶

当社社長大林克己による年頭挨拶を下記の通りご報告いたします。

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り有難うございました。心より御礼を申し上げます。

昨年は、年初の首都圏の大雪に始まり、6月の大阪北部地震、7月の死者220名を超えた西日本豪雨、国内最高気温41.1度を記録した猛暑、9月の大型台風による関空冠水、そして北海道胆振東部地震と、振り返ると異常気象と災害に見舞われた一年でした。一方で、冬季オリンピックでの日本人選手の活躍、是枝裕和監督の「万引き家族」のカンヌ国際映画祭でのパルムドール獲得、京都大学の本庶佑特別教授のノーベル賞医学生理学賞の受賞など、世界で日本人が高く評価された一年でもありました。

弊社におきましては、昨年創立40周年を迎え、11月には感謝の夕べを執り行い、創立以来大変お世話になっている多くの皆様にご参加いただき、過去40年の歴史を振り返りながら、楽しいひと時をご一緒させていただきました。
一年を振り返ると、昨年も年初は例年通り箱根駅伝中継からスタート、3月には新たに4トンの中継支援車を導入し、スポーツ中継や音楽ライブなど数多くの現場で活躍しました。8月にはお客様の多様化するご要望に対応するために長年お世話になったドリームスペースをIMAGICAと事業統合し、同社の赤坂ビデオセンターに集約しました。また、コスモ・スペース オブ アメリカとの連携を深め、アメリカの雄大な自然を生かした様々なVPも制作させていただきました。これもひとえに皆様の多大なるご支援の賜物と心より深く感謝いたしております。

2019年、いよいよ平成最後の年を迎えました。国外では、米中問題、北朝鮮問題、EUとイギリス問題など国際経済の先行きに同時失速リスクが増しており、国内においても、働き方改革法案の施行、消費税10%等々不透明感が漂う一年となりそうです。
このような中、コスモ・スペースでは、50周年に向けた新たなスタートとなります。創業以来培ってきた様々な制作技術を基盤として、最新の映像&IT技術と融合した新たなサービス展開に本格的に取り組んで参ります。本年も社員一同、お客様に喜ばれる高品質な映像サービスを提供し続けてまいります。何卒、昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

 

2019年1月7日
株式会社コスモ・スペース
代表取締役社長 大林 克己