撮影グループ

文字通り映像撮影のプロ集団です。
大規模音楽ライブやサッカー・バスケットボール・ゴルフ・箱根駅伝などスポーツ中継、ENGカメラを用いたバラエティや情報報道番組、海外ロケ、日本テレビやMX-TV内等でのスタジオ業務、ドローンを用いた空撮業務など多岐に渡ります。
更にHD中型中継車に加え大型支援車も保有して、様々な業務に対応すべく、スタッフは日々研鑽中。
スタッフ間でコミュニケーションを取り、その時々の現場の状況に臨機応変に対応していますが、特にロケでは毎回何が起きるか分からないので緊張の連続です。
瞬時の判断が求められますが、出演者と撮影部隊が一体となり、この先起きる事を予測しながらその瞬間を切り取っていくことも私たちの業務の醍醐味の一つです。
音楽ライブやスポーツ中継ではアーティストや選手本人の人間性などまで注目し一歩踏み込んだ映像が撮れるよう心掛けています。
スタジオ業務では番組スタッフと一緒になって、私たちの豊富な経験と信頼関係に基づいた協力体制を築き視聴者が楽しめる映像を作ります。
若手スタッフも活躍できるよう、技術面のサポートや指導にも力を入れています。
スローやドローンのオペレーションを兼務しているスタッフもおり、各自の経験を活かしスキルアップに努めています。
今後は、最新の中継カメラ・世界最高倍率レンズを導入し、変わりゆく 4K・8K 時代に対応していき、ベテラン・中堅・若手が一体となり幅広い業務を行う事によって、様々な角度から物事を見つめ、カメラマンとして、撮影技術・人間力を日々楽しく磨きながら、これからの映像新時代に向け新たな道を切り開いて参ります。

音声グループ

「音」に関する全ての事を担当しています。
状況に応じて現場音をとりこぼさないように種々マイクロフォンを操り、受け手の方々が聞きやすいよう調整し、届けるのが我々のミッションです。
スタジオならば、演者さんに付ける ピンマイク、観客マイク 、音響効果さんからの効果音、VTR素材などの全ての音を調整室にいるミキサーさんが調整しMIXして送出します。
スポーツ中継ならば、競技音を拾わなければならないので、マイクをいかに良いポジションに立て、いかに近づけて集音するか?試行錯誤し苦労しています。
スタジオや中継は、基本出先に狙った音をフォロー、ケアしたりするアシスタントがいて、それらを取りまとめる「ミキサー」と言う担当者がいて、成り立っています。ミキサーは出先のアシスタントのセットやマイクフォローを信じて、音を生かします。 それが適当なセッティングでは成り立ちません。
勿論、 各スタッフ に分かりやすく伝える為にプランニングも重要な仕事の一つです。わが社の若手アシスタントも数多くの現場を経験しながら、デビューを目指しています。
この様に我々音声スタッフは様々な場所、環境下で業務を遂行しており、
《現場は楽しく !!》をモットーに日々の業務に励んでおります!!

VE(ビデオエンジニア)グループ

システムプランニングから構築・運用に至るまでを担当し、カメラの絞りのコントロールや色味の調整・多種多様な映像信号含めたトータル映像管理が主な役割。
あらゆる機材に精通し、 現場で臨機応変に対応する能力が求められるVEはなくてはならない存在です。
機材が進化を遂げ続ける時代になりましたが、人がしっかりした技術的知識なくしては、これからの映像業界を支えていく事は出来ません。
技術と共に仕事を進化させる為の発見を探し続ける事がVEの役割ではないでしょうか。
カメラや音声に比べ表舞台で活躍する華やかさは無いかも知れませんが、中継車やスタジオ等の既存システムを用い、テレビ番組・スポーツ中継・音楽ライブ・各種イベントから、スタジオ運用に至るまで様々なシステムプランを立て構築し運用までを担当し、各セクションが活躍出来る様に日々尽力しています。
そう「裏舞台での活躍!」それが当社VEグループです。
えっ!?裏舞台だけでの活躍なの?・・・いやいやVEは一番の知識者なので時には、誰よりも表舞台で活躍している、と自分達は胸を張っています。
若手からベテランまで各セクションが協力しあいながら同じ喜びや悔しさを分かち合って映像の感動を届けるために、チームでミッションを完遂する事も魅力の一つです。

SLOWオペレーター

スポーツ等のリアルタイム放送や配信で
「もう一度、あのプレイが見たい!」「もう一度、あの選手の表情がみたい!」って
思った事はありませんか?
我々は、そんな人達の想いに可能な限り応える為に仕事をしています。
現場での役割は、ハイライト編集やプレイ等のスロー再生。
ディレクターの要望に応えながら、各々のこだわりや見せ方を考える事も魅力の一つ。 SLOW専門の部署があるわけではありませんが、カメラや音声やVE等の専門分野を兼務しながら活かせる事を活かす!自由な発想と環境を大事に仕事をしております。

スポーツメディアグループ

【スポーツ】に特化した中継制作・編集を担当するスペシャリスト集団です。
中継制作ではプロデューサー、プログラムディレクター、フロアディレクターといった
スポーツ中継の制作部分を担当しており、コメンタリー、カメラ、スロー、音声、CGなど全スタッフがベクトルを合わせ視聴者へスポーツの感動を届けられる中継を目指しています。
また、上記のような役割を含めCGオペレーターやスローオペレーターとして、スポーツ中継の現場に入ることもあり、スポーツ中継における様々な部分を経験することで、より中継全体における個々の役割を理解し、ディレクターやフロアディレクターとして演出、提案が出来る人材育成を行っています。
編集では主にAdobe PremiereやPhotoshopを使用してスポーツのハイライトの作成などをしており、編集の基本やスポーツの見せ方を学ぶことが出来ます。
今後も様々な競技の普及に貢献し面白さを伝えられる部署を目指します。